スパークル1on1

TBSスパークルでは、コンテンツ制作会社として、社員一人ひとりが個性や発想を存分に活かして活躍できるよう、上司と部下が一対一で定期的に対話をする「スパークル1on1」を導入しています。

スパークル1on1とは

「1on1」をご存知ですか?

「1on1」とは、アメリカのシリコンバレーではじまった、上司と部下の定期的な一対一のミーティングのあり方を指しますが、単なる業務上の面談や打合せではなく、上司と部下が「対話」することを通じて、部下の成長をサポートすることを目的としているのが大きな特徴です。
コロナ対策で在宅勤務が急増して孤独や不安を感じる社員もいる中、会社とのつながりを感じられる場としても、多くの企業がこの1on1を導入しています。

「スパークル1on1」ならではの特徴は?

「スパークル1on1」の最大の特徴は、部下の心に寄り添い、尊重しながら話しを聞く「傾聴」に重点をおいていること、すなわち「カウンセリング的1on1」を導入していることです。
これは、コンテンツ制作をになう人間に欠かせない「全人格的成長」をサポートしていきたいとの思いからきています。
1on1の場では、部下は業務上の悩みにとどまらずその時に「話したいこと」を話し、一方上司は、部下が内面を見つめて気づきを得て「自ら成長していける」よう、部下の話を全面的に受け入れて話を聞きます。
「スパークル1on1」は、まさに「部下のための時間」「部下が主役の時間」なのです。

なお「スパークル1on1」では、1on1により新しい上司と部下の関係を築いていきたいとの思いを込めて、上司を「1on1マネジャー」、部下を「メンバー」と呼んでいます。

「スパークル1on1」によるさまざまな効果

「スパークル1on1」は2020年1月にスタート。社長や役員も含めた全社規模で、2週間に1回、1回15分以上というペースで行っています。1on1実施後のアンケート(実施報告)から、「スパークル1on1」にはさまざまな効果があることがわかってきました。

話すことによって “頭の中“ が整理できる
悩みが話しやすくなり “心の健康” を定期的に整えることができる
話すことで、これまで気づかなかった自分の思いや感情に気づくことができる
部下と上司お互いの理解が深まり、スムーズなコミュニケーションができるようになる
取材や交渉でも必要な “話を聞く技術” “伝える技術” を鍛えることができる
在宅勤務やテレワークでも、職場とのつながりを感じることができる
全社で取り組むことで、一体感を感じることができる

TBSスパークルでは、一人ひとりの社員が、個性、発想、能力を最大限発揮できるよう、「スパークル1on1」を活用していきたいと考えています。

私のスパークル1on1

インタビュー画像
記者
寺川 祐介
YUSUKE TERAKAWA

PROFILE

ニュース情報本部 編集番組センター ニュース制作部
TBSテレビ報道局社会部
2003年入社。夕方のニュース番組などのディレクターを経て、入社前から担当したかった『NEWS23』には6年半在籍、「謎の国際免許証」を追いかけ偽造された実態を取材。2018年よりTBSテレビ報道局社会部記者。司法記者クラブで裁判や検察を担当し、「消えた留学生」の取材では、所在不明の留学生を探し続け「報道特集」でOA。現在、警視庁記者クラブに在籍。事件の裏にある隠れた事実や背景を報道するべく取材中。

スパークル1on1は、2020年1月6日に社長以下全員で取り組むという「全社一斉導入」でスタートしました。1on1について最初はどんな印象でしたか?

1on1を導入する前の全社説明会で初めて1on1の説明を受けた時は、「一対一で定期的に上司と話す」ことが、本当に効果があるのかと半信半疑でした。
でも、体験していく内に、これはすごいぞと大きく印象が変わりました。

寺川さんは、話を聞く1on1マネジャーと、話を聞いてもらうメンバー、両方の立場で1on1を実施されていますが、まずメンバーとして1on1についてどのように感じていますか?

自分がメンバーとして受ける場合、「話すことで頭の中が整理」されていきました。1on1マネジャーに説明するため言葉にすることで思考が整理され、自分はこう考えていたんだと気づくことができました。さらに、話すと「やらなきゃ」って気持ちになるという効果も。

1on1マネジャーとしては、いかがですか?

自分が1on1マネジャーの場合、担当するメンバーと対話を続けて質問を重ねていくと、相手が気づきを得て「あっ!」と顔が変わる。もやっとしていた感じがすっきりしていく。それをお互いに対話しながら探っていく過程が、何とも面白いと思いました。
後輩たちの課題や悩みをひとつずつ、気持ちを聞きながら一緒に振り返る。普段言葉にすることがない自分自身の現状やこれから先のことを、立ち止まって言葉にすると、客観的に見えてくる。
1on1マネジャーはあくまで質問を重ねて、相手の中にあるものを気づいてもらうだけ。
大切なのは、相手に意識を向け、真剣に聞くことだと思っています。

1on1をした中で、特に印象に残っていることはありますか?

1on1マネジャーになるためには、はじめに3時間ずつ2日間の研修を受けなければならないのですが、その中で行われた参加者同士で組んで行う1on1の実地訓練で、たまたまスパークル1on1導入の責任者である杉浦さん(人財開発1on1戦略室長)と組んで練習する機会がありました。その時に、メンバー役として話した「報道の最前線に居続けること」という決意が、今現実になっています。

実地訓練の1on1で話したことが、現実化するきっかけになったということでしょうか?

そうです、1on1で話す前は、頭の中にぼんやりと浮かんでいたことでした。この先の自分についてどうしようかと。話すつもりはなかったんですけど、1on1だからこそ気軽に言ってしまいました。でもそのおかげで自分の思いに気づくことができ、その直後に社会部長に「警視庁記者クラブに行きたいです」と伝えていました。

スパークル1on1がスタートして半年たちましたが、1on1について思うことはありますか?

続けていくうちに気づいたのは、1on1は取材と全く同じだと。
答えのないものを探していく、あれこれと質問し、こうではないかと考え、インタビューの中で、相手のことを知っていく、相手の良さを、真意を、本音を引き出すことに通じるなと。
街で話を聞く一般の人や密着取材の相手だけでなく、例えば事件の関係者など、話したがらない取材相手と向き合うのと同じだと。
1on1自体は業務ではあるけれど、自分の考えを整理すること、質問する力をつけること、相手と向き合うこと、1on1をチャンスと捉えて活かせるかは自分次第だと思っています。

アンケート(実施報告)から

メンバー(部下)の87%が「何らかの気づきがあった」としています。
円グラフ1
メンバー(部下)の85%が、1on1マネジャー(上司)に対し「十分話せた」「話せた」と答えています。
円グラフ2
調査期間:2020年1月6日~7月5日
報告総数:6,028

アンケート(実施報告)に寄せられたコメントより

(1)心の健康を保てる

話していくうちに気持ちが軽くなるのを実感した
不安になっていたことなど話を聞いてもらえてよかった
仕事上の愚痴をこぼせてよかった
会話がリフレッシュにもつながると思った

(2)仕事へのモチベーションが上がる

話を聞いてもらい、前向きになれた
仕事へのモチベーションがあがった

(3)自分の思いや感情に気づける

話しているうちに、自分でも思っていなかったことを考えさせられた
自分の中の気づきがたくさんあった
話すことがあるのかな?と思っていたが、気づかない自分の思いや感情が出てきて驚いた

(4)視点や視野が広がる

仕事に対して、自分になかった視点を聞き、視野を広げることができた
ただ考えている状況から、実施に向けた道筋が見えてきたと感じる

(5)頭の中が整理できる

言葉にするために、頭の中を整理するきっかけになった気がする
今、抱えている課題が明確になった
自分の中だけで分析して終わっていたことが、話すことでこのままでいいのか修正した方がいいのかわかって、勉強になった

(6)今の業務や今後のキャリアを見つめ直せる

今後のキャリアの相談を落ち着いてできたので、大変有意義な時間だった
問題点を整理して他人に話すことで、気づいたりすることもあるので、良い試みと思う
普段業務で当たり前のようにしていることを、改めて考える場となった

(7)職場の人間関係がよくなる

上司(1on1マネジャー)との距離感が縮まった感覚がある
本音を話すと不思議と相手に親近感を持つものなのだと感じた
相手の考えや私生活の様子など知ることで、相手への先入観などがなくなり、今後話しやすくなるのではないかと思う

(8)コミュニケーション力があがる

自分の考えていることを要領よくスピーチする練習になった
あいづちやうなずきで、話し手が話しやすくなることが、より明確にわかった

(9)職場とのつながりを感じられる

テレワーク中、相談できる相手がいるというのは心からありがたいと思った
テレワークで鈍った現場の雰囲気を思い起こさせてくれて、とても良かった
一人暮らしでテレワークが続く中、オンライン上でも人と会話できて気持ちが楽になった

(10)相談しやすくなる

日々の業務に追われる中で、1on1によって上司と話す時間ができることは良いと感じた
普段からよく話している上司だが、定期的に落ち着いて話す機会はいいと思う
「話す」ために作った時間ということで、作業の邪魔かな?とか考えずに話せてよかった