CREATORS

クリエーター

閃
01
ドラマ + 映画

塚原あゆ子

プロデューサー・ディレクター

エンタテインメント本部 ドラマ映画部
プロデューサー・ディレクター。1997年入社。2019年TBS日曜劇場『グランメゾン東京』『グッドワイフ』(ともにTBSテレビ制作)、2018年TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』をはじめ、多数の作品を演出。2018年、映画『コーヒーが冷めないうちに』で映画監督デビュー。

今の時代を見つめて、人を深く切り取る。

ドラマのTBS。なぜそう言われるのでしょう。個人的には、登場人物を切り取る「深さ」にあると思っています。曜日や時間帯によってさまざまなタイプのドラマがありますが、ある程度の深みをもって人を切り取っている。ドラマはやはり、その時代に向けて発信しているもの。反響もリアルタイムです。時代との距離感というか、「今のドラマって、なんだろう」、「今の人たちは、どんなことを感じているんだろう」と考えられた企画が揃っている。それがドラマのTBSと言われる所以じゃないかと思いますね。

私も監督するとき、その曜日その時間帯に見る視聴者を意識します。小道具ひとつにしても、登場人物の背景やライフスタイル、作品の世界観などを考え尽くして作っています。今を見つめて作っているから、人を深く切り取ることができるんだと思います。演出のイメージを再現してくれる技術部や美術部、緑山スタジオなど、制作環境に恵まれていることも下支えになっています。

この仕事を始めたころ、会社に女性の監督はいませんでした。業界を見渡しても、圧倒的に少なかった。「女性は監督になれない」、それが当時の常識でした。でも今は、とても多くの女性が活躍しています。常識は、時代と共に変わっていくのだと思います。

入ったのはドラマを作る会社でしたが、今は違います。バラエティ番組、情報番組、報道番組、アニメーション、CM、PV……、幅広いジャンルの映像制作をする会社になりました。最近はアニメに興味があるので、その分野のクリエイターたちとのコラボレーションも考えています。同じ漫画原作の作品でもアニメとドラマでは、台本のつくり方、尺の使い方、カット割りなど、映像化の方法は異なりますから。作品へのアプローチを変えたら、もっと深く人を切り取れるかもしれない。ドラマ制作の新常識というか、新たなスタンダードが生まれる可能性も秘めていると思うのです。

MESSAGE

WORKS

TBS 火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』プロデューサー

TBS 金曜ドラマ『MIU404』プロデューサー

TBS 日曜劇場『グランメゾン東京』ディレクター

TBS 日曜劇場『グッドワイフ』ディレクター

TBS 金曜ドラマ『アンナチュラル』ディレクター

映画『コーヒーが冷めないうちに』監督

02
バラエティ

山口伸一郎

総合演出・チーフディレクター

エンタテインメント本部 番組制作二部 部長/総合演出・チーフディレクター。テレビ番組制作会社、フリーランスを経て2005年入社。TBS『ラヴィット』TBS『東大王』TBS『ジョブチューン』にて総合演出を担当。

点の演出と、線の演出。

総合演出を務める『東大王』は、東大生チームと芸能人チームが戦うクイズバラエティ。「答えを知るまでは、チャンネルを変えさせないクイズ」を意識して、番組をつくっています。それはクイズ問題一つひとつの難易度やテーマ、どう出題してどう解答するかというクイズコーナーの企画、番組全体の流れのつくり方や演出に至るまで、すべてに言えることです。

抜群に「面白いこと」があったとしても、それをただ並べているだけでは「面白い番組」にはならない。単調になってしまい「最後まで見なくてもいいや」と思われてしまうから。その一問をどう見せるか、瞬間の面白さである「点の演出」は大切ですが、番組全部をひとつのストーリーと考え、どうエンディングに繋げていくかという「線の演出」も大切です。このコーナーを制するのはどのチームか、最終的に勝つのはどのチームか、冒頭で設定した目標をクリアできるのか、できないのか、などです。 どうやったら番組を最後まで見てもらえるかを常に考え、実践してきた私たちには「点の演出」と「線の演出」どちらのノウハウもあります。

また、最近のバラエティ番組を見て感じるのは、視聴者の興味の対象が随分変わってきたな、ということ。一昔前は、豪邸訪問みたいな番組もありましたが、最近は見かけなくなりました。非日常の象徴としての豪邸の暮らし。逆に今は、身近なものをテーマにした番組が支持されています。ベクトルは真逆なように感じます。見ている人にとって身近なモノやコトを、どういう切り口でエンタテインメントにしていくか。個人的に取り組んでいきたいテーマです。

MESSAGE

WORKS

TBS『ラヴィット!』総合演出

TBS『東大王』総合演出

TBS『ジョブチューン 〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』総合演出

03
バラエティ

岩木 伸次

ディレクター

エンタテインメント本部 番組制作二部 ディレクター。在京のテレビ番組制作会社、フリーランスを経て2018年入社。担当番組は、TBS『マツコの知らない世界』、TBS『ジョブチューン』など。

独自の切り口で、エンタテインメントする。

私が担当する『マツコの知らない世界』は、マツコ・デラックスさんと、あるテーマに詳しいゲストが繰り広げるトークバラエティ。番組名に「知らない世界」とありますが、これは奇抜なテーマというより、アプローチだと考えています。「バラを愛でる人」は知っているけれど、「こんな風にバラを愛でる人」は知らないというか。それだけにゲスト選びは重要で、まさに番組の生命線。1〜1.5カ月じっくり時間をかけて決めています。

ゲスト候補はテーマごとに10〜20名をリストアップ。ときには専門のリサーチ会社に依頼して、あらゆる可能性を探ります。候補が決まれば、全員に会いに行きます。「どういう番組の展開ができるか」、「マツコさんと絡んで面白くなるか」など考えながら、2時間ほどお話を聞きます。面白いなと思うのが、候補者自身がきっかけに気づいていないとき。候補者にしたら「好きな状態=普通」。理由を尋ねても「なんかハマっちゃって」と、上手く説明できない人も少なくありません。そんなときは候補者と一緒に生い立ちから人生を振り返って「好き」の奥底にあるもの、個性的というか変わった人になったきっかけを探していくんです。例えば、自分が担当したバラの回。ゲストは夫と息子が2人の5人家族。インタビューの最初は「なんかハマってしまって」と答えていたんですが、一緒に人生を振り返っていくと「実は娘が欲しかった」という話になって。本人も気づかないうちに、娘→可愛い→バラの花と変換され、注げなかった娘への愛情をバラに注いでいたと分かったんです。

表面的な面白さや見た目のインパクトよりも、内面的なユニークネス。ゲスト選びは時間を要する作業ですが、番組独自の持ち味や面白さに直結するので、頑張りどころだと思っています。独自のノウハウとネットワークを駆使して「面白い」を見つけ出し、独自の切り口でエンタテインメントにしていく。私たちが得意とするところです。

MESSAGE

WORKS

TBS『ジョブチューン 〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』 ディレクター

TBS『マツコの知らない世界』 ディレクター

04
ドキュメンタリー

江夏 治樹

ディレクター

2004年入社。事業部で企業映像の制作、TBS宣伝部でドラマのタイトルバック制作などを経験。BSジャパン(現・BSテレ東)の紀行番組『写真家たちの日本紀行』のディレクターを経て、2010年より『世界遺産』のディレクターを担当。

見たことがないものを、驚くような映像で届けたい。

TBS『世界遺産』は20年以上続くドキュメンタリー番組。支持を得ている理由のひとつに「圧倒的な映像の力」があると思います。視聴者が見たことがないものを、驚くような映像で届ける。私たちが大切にしているところです。

放送1000回記念スペシャルで取りあげた、エクアドルの「サンガイ国立公園」。とても印象に残っています。標高5260mのサンガイ山は、今も噴火を繰り返す活火山。危険な上に辿り着くのも困難なため、山頂を目指す人はほとんどいません。ロケは往復12日間のテント生活。登山口から山頂アタックのベースキャンプまで、運んだ荷物の総重量は約1トン。夜10時に山頂アタックを開始し、ベースキャンプに戻れたのは翌日の夕方6時。これまでのロケでもっとも過酷でした。「いい映像を撮るんだ」という思いが、日本のテレビ初登頂を成功させたのだと思います。

また『世界遺産』では、ハイビジョン、4Kカメラ、ドローンなど、他番組に先駆けて取り入れてきました。自らNAB Show(全米放送協会が主催する世界最大の放送機器展)などへ行き、撮影機材・撮影技術に関する情報収集をすることも。さらに、個人的にも、色んなカメラマンに話を聞き、最新の撮影機材・撮影技術に関する情報収集をしています。これまでにない機材が出てくれば、これまでにない映像表現が可能になりますから。今後「この機材で撮る画が映える場所はどこか」という視点でロケ地を選ぶことが、あるかもしれません。

TBSグループとしては、長年の番組制作で培ってきた海外取材ネットワークが強みだと思います。『世界遺産』制作チームにも同業他社から「海外ロケでここに行きたいんだけど、コーディネーターを紹介してくれないか」という問い合わせもあるほどです。

未踏の地に分け入ることだったり、天候条件が整うまで粘り強く待つことだったり、撮影できるよう粘り強く交渉することだったり、最新の高性能機材を導入することだったり。できることはたくさんあります。日々精進。これからも見ている人が驚くような映像を届けていきたいです。

MESSAGE

WORKS

TBS『世界遺産』 ディレクター

05
報道

寺川 祐介

記者

ニュース情報本部 編集番組センター ニュース制作部 TBSテレビ報道局社会部 2003年入社。夕方のニュース番組、朝の情報番組などのディレクターを経て、入社当初から担当したかった『NEWS23』には6年半在籍。2018年7月よりTBSテレビ報道局社会部記者。司法記者クラブで裁判や検察の担当を経て、現在、日々のOA業務などを内勤として担当。

記者は、人間性も問われている。

事件を扱う仕事柄、亡くなった方の遺族に取材することもあります。ときには「帰ってくれ」と言われることも。記者としては、深く伝えるために当事者の声を伝えたい。一人の人間としては、話す気分になれない当事者の気持ちも分かる。葛藤です。それでも「こんな事件が二度と起きてはいけない」と、何度も通って取材協力をお願いします。誠実に向き合っていくしかありません。かなわないときもありますが、意を決して話してくださることもあって。「覚悟を決めたな」って分かる瞬間があるんです。

ある殺人事件で、奥さんを亡くした旦那さんに取材したときのこと。事件現場は自宅、第一発見者は旦那さん。最初は話してくれませんでしたが、何度も通い、手紙を書き、取材を受けてくださることに。旦那さんの覚悟が伝わってきたので、踏み込んでいろいろ聞きました。以前だったら躊躇して、聞かなかったような質問も、たくさん。写真や動画の提供も依頼しました。写真はすぐに提供してもらえたのですが、動画はないと最初は断られて。「見ている人に、どんな人だったか知ってほしいので」、「感情移入して事件を考えてほしいので」。何回もお願いしました。後日、提供いただいた短い動画には、喋っている奥さんの姿がありました。ニュースVTRの冒頭で動画を使って放送したところ「生きている妻に会えた気がした」との感想。「誠実に向き合うって、こういうことかもしれない」。自分を成長させてくれた取材ですね。 意を決した相手と、本気で向き合えるか。相手が覚悟したときに、遠慮しないで取材できるか。受け止める覚悟はあるか。人間性が問われる仕事だなと思います。

テレビを見る人が減っている。よく言われています。それは、ニュースを見る人が減っているということでしょうか。ネットやスマホなど見る側のデバイスは多様化しています。でも、取材してニュースを作って発信することに変わりはありません。発信するメディアが増えるほど、問われるのは質だと思います。ここには、あらゆる分野に精通した記者がいます。ディレクターをはじめカメラや編集など、ニュースに必要なすべての人材がいます。いち早く、分かりやすく発信するノウハウは、長年蓄積してきた私たちの強みです。

MESSAGE

WORKS

TBS『NEWS23』 ディレクター

06
報道 + 情報

上田 淳

プロデューサー

1993年入社。TBS『ブロードキャスター』のディレクターとして長年携わり、その後TBS『新・情報7days ニュースキャスター』でプロデューサーを務める。
現在はスポーツ部門へ異動、報道・情報番組での経験を活かし、更に自身のフィールドを広げている。

ニュースを掘り下げ、人間を掘り下げていく。

『新・情報7days ニュースキャスター』は、週末土曜の夜に一週間のニュースを振り返る番組。大きなニュース、小さなニュース、さまざま扱っています。大切にしているのは、独自の視点。数ある中から取りあげるニュースを選ぶ際は、ただの振り返りにならないよう「実はこんな裏がある」などの新たな「発信」ができるようにしています。違う角度からニュースを見つめることで、これまでとは違う考え方が出てきます。他と同じことはしない。他が目をつけていない角度から、ニュースを見つめる。40人のスタッフ全員が共有している姿勢です。

ニュース報道番組の醍醐味。それは今まさに起きた出来事を伝えられること。現在進行形の「見たことがないニュース」に勝てるものはありません。その点においては、ビートたけしさんの発言もひとつのニュース。視聴者が期待している部分でもあります。とても真面目でジャーナリストの視点もお持ちで、本質を突く発言をなさるので、どのニュースでスタジオに切り替えたらいいか、どうしたら視聴者が面白がってくれるか、考えながらやっていますね。

ただ、2019年には、番組にとって大きな変化がひとつありました。これまで、視聴率のメインターゲットは50歳以上の男女でした。それが、2019年4月、突然TBSテレビ編成局から『今後はファミリーコア(13歳から59歳)を重視していく』と…。番組の首脳陣も、いわゆる“おじさん”世代がほとんどのため、方針転換には少なからず抵抗感がありました。 そんな中、転換点となったのは、若手ディレクターが企画した、「ASMR(咀嚼音など)の動画が若者の間で流行っている」という特集でした。視聴者の反応が心配でしたが、ふたを開けてみると、これまでの視聴者はそのままに、若い人の視聴率も伸びていたんです。 これまでだったら会議で通っていなかったであろう“若い人を意識した企画”が、ちゃんと視聴率をとっていて、それが私たちの意識を変えるきっかけにもなっていて、「すごく大事だけど難しいニュース」は、若い人たちにも興味を持ってもらえるよう、どうポップに見せるか、を試行錯誤しています。

番組制作チームの『若い人の意見をどんどん取り入れる』というスタンスがあったから、こういった場面でも、若い力を発揮してもらいやすく、それがいい結果につながったんだと思います。

(以上のインタビューは『新・情報7days ニュースキャスター』時代のものである。)

WORKS

TBS『新・情報7days ニュースキャスター』 プロデューサー

07
ディレクター

山本 創

ディレクター

2003年入社。TBS『ニュースの森』スポーツコーナーサブディレクター、TBS『NEWS23』スポーツコーナーディレクター、TBS『S☆1』ディレクターを経て、中継制作部へ。サッカー、バレーボールを中心とした番組演出、中継演出を経験。現在は、スポーツ番組制作部で『東京VICTORY』の演出を担当。

アスリートたちの挑戦は、それ自体がドラマになる

スポーツに、同じ試合は2度とありません。アスリートたちは、その試合その一瞬に、最高のパフォーマンスを発揮するため、とても多くの準備をしています。オリンピック選手であれば、4年の歳月をかけて、です。私たちは多くのアスリートを間近で取材してきました。彼らが何を考え、何に苦しみ、何を喜び、何と戦っているのか。伝えることなくして、スポーツエンタテインメントは成り立たないと思っています。

また、アスリートの挑戦や試合は、それ自体がドラマになります。試合会場で活躍する姿だけでなく、試合中には見せない姿も深くすくい取る。感情移入できるコンテンツとして、立体的に視聴者に伝えていく。そのときに気をつけているのが、いい意味で過剰演出や脚色をしないこと。真面目さ、ひたむきさも、私たちが大切にしているところです。

スポーツ中継の技術にも日々新たな技術が登場しています。専門の技術部門と検討しながら新しい機材・技術の導入も進めています。

現在、2020年の東京オリンピック・パラリンピック関連番組である『東京VICTORY』の演出をしています。この4年に一度の大会に照準を合わせ、選手たちは、日々練習、努力しています。番組では、結果論だけでなく、選手ぞれぞれの十人十色のこれまで人生過程と協議の魅力を紹介。視聴者に「スポーツっておもしろいんだな」と思ってほしいです。人生に二度あるかないかぐらいの一大行事に、番組を演出として担当できているのは、幸せだなと思っています。

WORKS

TBS『東京VICTORY』演出

TBS『2018 ワールドカップ ロシア』演出

TBS『高校女子サッカー』演出

TBS『世界バレー』演出

08
4K・8K / VR / eスポーツ

上田 結木

チーフプロデューサー、ディレクター

コミュニケーションビジネス本部 デジタルプロデュース部 副部長。 番組制作会社、フリーランスを経て2004年入社。番組演出をはじめ、CM、ミュージックビデオ、音楽ライブ、サイネージ、Web、イベント、eスポーツなど、メディアの枠を超えて縦横無尽に活動中。

エンタテインメントを使って、世の中を楽しくしていきたい

ある事務所のアイドルを紹介するWEB番組の演出をしていました。一般的向け、というよりは、ファン向けのコンテンツです。それでもものすごい数のメールが毎回届いていて、その内容をスタッフで共有していましたが、ファンの方々はリアクションもすごくて。細かく見ていて、とても濃い内容。見ているところ、欲しがっているものが普通のTV番組とは違うんだなと。誰に向けてどう作るか、ということを意識するきっかけになりました。

ただ作るだけじゃなくて、いかに発信するかもすごく大切。 ミュージックビデオでもCF(広告映像)でも、もしかしたら番組でも。今、これだけ街の至るところにサイネージがありますが「この日のこの時間、全国のサイネージをジャックします」と言ったら、それもひとつのエンタテインメント。ドキドキするじゃないですか。わざわざ来る人もいるでしょうし、注目を集めると思うんです。誰に見てもらいたくて、どう見てもらいたくて、を考えて作戦を練るのも自分たちの仕事ですね。

2019年、一般社団法人日本野球機構(NPB)が主催する「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」の第1回大会が行われました。そのメディア及び運営パートナーにTBSテレビの「eスポーツ研究所」が就任。私は企画制作チームとして参加。技術と協力して、8人のプレーヤーの映像をフレキシブルにスイッチングできる大会専用の新しいプログラムを開発して素早い攻防の興奮を全員で共有する、まさに「スポーツ」として盛り上げるための工夫や、音楽ライブのようなセンターステージ構造にしてサービススクリーンを3面設けたり空間全体で楽しめることにも配慮していました。

事前イベントや大会自体を盛り上げるのはもちろん、長時間の配信でも、よくある配信コンテンツと差別化し、少しテレビっぽく、飽きさせないための構成やリズムなどには気をつけていました。もちろんファンの方々からは賛否両論あるものの、関係者からは全般的にお褒めの言葉をいただけましたし、事実として別のeスポーツ案件から依頼を受けています。すべてが予定通り上手くいったわけではないので、より完璧に近い演出ができるよう、改善していきたいですね。

コンサートやイベントの演出はどんどん進化しているので、ゴールは全然ないんです。みんながどうやったら面白い物を作れるのかというのをすごく探しているから。eスポーツだけでなく、違うジャンルでもそういう面白いことに挑戦するチャンスさえあれば、どんどん試してみたいなあと思います。

WORKS

TV PROGRAM

TBS「乃木坂 46 の食べるだけ」(2016、2017)

NHK「トイレの話」(2018)

BS11「検証 ! 機動戦士ガンダムの世界」

アニマックス「りぼん創刊60周年記念特別番組」(2015)

CF, SPOT

TBS「オルトロスの犬」(2009)

TBS「新参者」(2010)

TBS「ハンチョウ・シリーズ 3」劇場用 3D スポット(2010)

日本民間放送連盟 地デジ PR(2011)

UNDER ARMOUR(2013)

NTT docomo「ここくま」(2016)

WEB PROGRAM

松たか子「君となら」(2009)

M.S.S.P「M.S.S Party」(2016)

WEB PROGRAM

滝CHANnel

eスポーツ

NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2(2019、2020)

eBASEBALL プロリーグ 2019ドラフト会議